中外製薬疾患啓発ムービーテーマ曲  我那覇 美奈『希望のつぼみ』

個人ホームページ 小濵先生 小宮山先生 鈴木先生 ドクターズサイト

  • 中外製薬疾患啓発ムービーテーマ曲  我那覇 美奈『希望のつぼみ』
  • ドクターの動画はこちら
  • 「いいお医者さん」の個人ホームページはこちら
  • コンセプト

新着映像

一覧へ

前へボタン

「心臓病センターの特徴」
宮崎市郡医師会病院 副院長・心臓病センター長 柴田剛徳 先生
「市民の方へ向けた取り組み」
宮崎市郡医師会病院 副院長・心臓病センター長 柴田剛徳 先生
「末虚血性心疾患という病気」
宮崎市郡医師会病院 副院長・心臓病センター長 柴田剛徳 先生
「末梢動脈硬化疾患(PAD)について」
森之宮病院 循環器内科部長 川﨑 大三 先生
「末梢動脈硬化疾患(PAD)の検査」
森之宮病院 循環器内科部長 川﨑 大三 先生
「末梢動脈硬化疾患(PAD)の治療方針と予防」
森之宮病院 循環器内科部長 川﨑 大三 先生
「末梢動脈硬化疾患(PAD)の治療」
森之宮病院 循環器内科部長 川﨑 大三 先生
「脳血管の病気について」
岡山大学病院 脳神経外科
准教授 杉生憲志先生
「鎖骨下動脈狭窄症について」
小倉記念病院 循環器内科
曽我芳光先生
「JET2013について」
福岡山王病院 循環器内科
横井宏佳先生
「虚血性心疾患」
東京慈恵医科大学付属柏病院 循環器内科
石川哲也先生
「ご存知ですか?足の動脈硬化」
東京蒲田病院 理事長 井上直人先生
「虚血性心疾患と検査」
北里大学医学部 循環器内科学 阿古潤哉先生
「頭痛のタイプと痛み」
獨協医科大学 神経内科 教授 平田幸一先生
「カテーテル検査と治療」
カレス札幌北光記念病院 循環器内科 虚血部門 部長 野崎洋一先生
「患者さんと大木先生」
東京慈恵会医科大学 外科 統括責任者 大木隆生先生
「関節リウマチについて」
順天堂大学医学部附属順天堂医院 院長 髙崎芳成先生
「糖尿病の検査と治療」
順天堂大学大学院 スポートロジーセンター長 河盛隆造先生
「不眠症と高血圧」
自治医科大学附属病院 循環器内科 苅尾七臣先生
「末梢動脈疾患を知っていますか」
湘南鎌倉病院 副院長・腎臓病総合医療センター長 小林修三先生
「末梢動脈疾患」
総合高津中央病院 心臓血管センター
宮本明先生
「末梢動脈疾患だとわかったら」
湘南鎌倉病院 副院長・腎臓病総合医療センター長 小林修三先生
「末梢動脈疾患について」
済生会八幡総合病院
三井信介先生
「糖尿病について」
横浜市立大学 大学院
寺内康夫先生
「アテローム血栓症」
松園第二病院 神経内科
紺野衆先生
「糖尿病について」
東京医科大学 内科学第三講座
小田原雅人先生
「睡眠の質と量」
かゆかわクリニック
粥川裕平先生
「動脈硬化性疾患」
岸和田徳洲会病院
横井良明先生
「心臓弁膜症」
川崎医科大学附属病院
種本和雄先生
「睡眠導入剤」
スリープ&ストレスクリニック
林田健一先生
「糖尿病の治療」
NTT東日本札幌病院 糖尿病内分泌内科 吉岡成人先生
「食道癌におけるダ ヴィンチ手術」
藤田保健衛生大学 上部消化管外科 宇山一朗先生
「血管内治療」
信州大学医学部附属病院 循環器内科
宮下裕介先生
「血管ドックについて」
金沢医療センター 心臓血管外科
遠藤將光先生
「血管再生について」
広島大学 原爆放射線医科学研究所 再生医科学部門 教授
東幸仁先生
「良性脳腫瘍について」
岡山大学大学院 脳神経外科 教授
伊達勲先生
「未破裂脳動脈瘤について」
岡山大学大学院 脳神経外科 教授
伊達勲先生
「パーキンソン病について」
岡山大学大学院 脳神経外科 教授
伊達勲先生
「顔面痙攣について」
岡山大学大学院 脳神経外科 教授
伊達勲先生
「TAVI治療を受けた患者さんインタビュー」
慶應義塾大学医学部循環器内科専任講師
林田健太郎先生

次へボタン

「ドクターの紹介」映像

一覧

前へボタン


青沼 和隆 先生
循環器内科 細やかで心の通った治療を行うべく弛まぬ努力をしています。
阿古 潤哉 先生
循環器内科 積極的に治療に参加すればするほど病気を良くする方向に働きます。
芦田 和博 先生
循環器内科 笑顔で患者さんに接し皆で治療に取り組みたいと思います。
  東 信良 先生
血管外科 生活習慣病の方はできる限り生活習慣の管理を行ってください。
伊苅 裕二 先生
循環器内科 狭心症を疑ったらすぐに診療に来てください。
石川 哲也 先生
循環器内科 お困りの時は、躊躇せず最寄りの医療機関を受診してください。
一色 高明 先生
循環器内科 日常の管理がきちんとできれば動脈硬化は防げます。
井上 直人 先生
循環器 検査と治療のタイミングを逃さないようにしてください。
上野 高史 先生
循環器 循環器の病気でお困りの方は一度ご相談ください。
宇山 一朗 先生
胃・食道がん あきらめず、かならず専門医に相談してください。
遠藤 將光 先生
心臓血管外科 全身を診て治療にあたることが大切です。
大木 隆生 先生
血管外科 諦めずに色々な治療法を模索しましょう。
小田 誠 先生
呼吸器外科 病気だけでなく患者さんの生き方を考えていきたい。
小田原 雅人 先生
糖尿病 患者さん主体の治療が大切だと考えます。
粥川 裕平 先生
睡眠・うつ どんなにつらいことがあっても生き続けてください。
苅尾 七臣 先生
高血圧 血圧が高いと様々なリスクが高まっていると考えられます。
河盛 隆造 先生
糖尿病 糖尿病は早期に治療して良くする病気です。
木下 幹雄 先生
足病 できるだけ多くの患者さんの足を救いたい。
熊倉 久夫 先生
循環器内科 患者さんの希望がかなうよう精一杯努力しています。
黒田 暁生 先生
糖尿病 1型糖尿病の治療は希望に応じた生活にインスリンを合わせることが重要
小林 修三 先生
腎臓内科 病を受け入れて冷静に、心豊かに向き合っていただきたい。
紺野 衆 先生
神経内科 生まれたからには出来るだけ楽しく生きるのがいいと思います。
佐藤 紀先生
血管外科 重症になる前に受診することが非常に大切です。
柴田 剛徳先生
心臓でお悩みの方は、お近くのかかりつけ医とご相談の上、当院へお越し下さい。
嶋田 芳久先生
循環器内科 ご自身の身体を良く理解していただきたいと思います。
杉生 憲志先生
脳神経外科 脳の病気で悩みがある方は一度ご相談に来ていただければと思います。
鈴木 秀治 先生
循環器内科 狭心症、冠動脈疾患は、一つ間違うと命にかかわる病気です。
曽我 芳光 先生
循環器内科 循環器内科 動脈硬化性疾患は身体全体の問題に繋がる大きな疾患です。
髙崎 芳成 先生
リウマチ 病気と仲良くしながら治療を続ける事が改善につながると信じます。
種本 和雄 先生
心臓血管外科 ご自分が大切にしている事を語ってください。
谷本 光音 先生
血液内科 勇気をもって治療に立ち向かってください。
土田 豊実 先生
諦めずにとにかく辛抱強くリウマチの治療にあたってください。
寺内 康夫 先生
糖尿病 生活習慣や環境次第で誰にでも起こりうる病気です。
永田 勝太郎 先生
統合医療 病気がどんな状態なのかをよく知ってください。
中村 正人 先生
循環器内科 きっと良くなると信じて私たちと一緒に頑張ってください。
野崎 洋一 先生
循環器内科 良い点悪い点をしっかり理解して治療法を選ぶ事が大切です。
林田 健一 先生
睡眠 毎日の睡眠は健康のバロメーターです。
東 幸仁 先生
血管再生医学 "諦めない”というのはとても重要なことです。
平田 幸一 先生
頭痛・認知症 希望を失わないで治療していきましょう。
弘世 貴久 先生
糖尿病 症状が出る前に診断を受けて早期に治療を始めることが重要です。
松野 博明 先生
リウマチ 正しく治療すれば進行を止め、ほぼ完全に治してしまう場合さえあります。
松原 司 先生
リウマチ リウマチ性疾患の治療と研究を自らのライフワークと考えております。
松丸 祐司 先生
脳卒中 カテーテルを用いた血管内治療を専門に行っています。
三井 信介 先生
血管外科 我々医師は患者さんご自身の治る力の手助けをするだけです。
宮下 裕介 先生
循環器内科 気軽に診療に来て重症にならないようにしていただきたい。
宮本 明 先生
循環器内科 異常を早期発見しきちんと対処していきたいと考えます。
室原 豊明 先生
循環器内科 多方面の専門医が揃っており、高度医療を提供しております。
山下 武廣 先生
循環器内科 外科医と内科医がしっかりと手を組んでベストの治療法を提供します。
山下 好人 先生
胃・食道がん 治療にあたっては患者さんと主治医の信頼関係が大切です。
横井 良明 先生
循環器内科 動脈硬化を減らすにはカロリー減と運動が大切です。
吉岡 成人 先生
糖尿病 治療を中断しないことが何よりも重要です。
吉村 紳一 先生
脳神経外科 脳の病気があっても手術の必要がないケースもあります。
伊達 勲 先生
安全性を重んじた手術を行いますので、安心してお任せください。
川﨑 大三先生
末梢動脈硬化疾患に対するカテーテル治療を得意としています。

次へボタン


  • リウマチを知ろう!
  • ATIS WEB
  • サイトご利用案内
  • YOU TUBE sご利用の環境により動画が正常に再生できない場合はこちらでご覧ください。

ドクターのウェブサイト

疾患別にドクターを紹介します

ランダム表示となっています

  • ウェブサイト
    鈴木 真名先生
  • ウェブサイト
    小濵 忠一先生