芦田 和博先生の ウェブサイト

心臓と血管

病気について動画で学ぼう

 

カテーテル治療とバイパス手術

カテーテル治療について

動脈硬化があり十分な血流が確保できない血管を、もとの幅に近い状態に拡張する治療がカテーテル治療です。具体的には、カテーテルにガイドワイヤーという細いワイヤーを通します。これを支えにして、折り畳んだ風船をいれて押し拡げます。
動脈硬化にバルーンで圧をかけて拡げることで血管の幅を十分に確保することがカテーテル治療の根本となります。これがバルーン治療、風船治療です。



バルーン治療



ただし、バルーン治療は動脈硬化に傷が入ってしまったり、再び血管が閉じてしまうことがあります。ですからバルーン治療だけでなく、その後にステント治療を行うことが多くなっています。



ステント治療



ステントは、動脈硬化のところに針金を通し、風船の上にステントと呼ばれる金属の管を挿入します。血管を押し拡げて、中の風船だけを取り出すと、血管を支える支柱のように金属の管がが拡がります。これがステント挿入術です。



カテーテル治療のメリット

カテーテル治療とバイパス手術は根本的な狭心症に対する治療法ですが、カテーテル治療のメリットは元の血管を拡げますので、患者さんご自身の血管のまま治せることです。 また、局所麻酔ででき、殆どの患者さんは2泊3日で退院する事ができ。退院、治療した後は、特に生活の制限がつかない、すぐに社会復帰ができるといったメリットがあります。

つまり、痛みなども含んだ身体に対する刺激が少なくて済む、侵襲度が低いことが大きなメリットとなります。

入退院



バイパス手術とは

カテーテル治療が血管を拡張する治療であるのに対し、狭窄を起こしている部分に、新しい血管をつなぐのがバイパス手術です。
この手術は胸を開いて全身麻酔で行います。バイパス手術は、普段の生活には大きく影響しない内胸動脈という肩から胸に通っている血管はずして、肩から心臓の血管に繋げてあげるという方法と
胃の周りに通っている体網動脈という血管をはずして、胃の方から心臓の血管に繋げるという方法を、もしくは足の方に通っている静脈をとって血管内で繋げる方法などがあります。

  バイパス手術

バイパス手術のメリット

カテーテル治療の場合は、狭くなったところにステントを入れますから、その部分だけの治療になりますし、再狭窄が起こる事もあります。 それに対してバイパス手術は一旦繋げてしまえば、他の血管に動脈硬化が起こる場合は別として、その繋がった血管に対しては保護がずっと働くということが大きなメリットになります。