遠藤將光先生の ウェブサイト

大動脈瘤

末梢動脈疾患

下肢静脈瘤

 

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤について

ムービー編



●下肢静脈瘤とは

下肢とは足のことで、静脈瘤とは静脈にできたコブのことです。足の静脈にコブができる病気のことを下肢静脈瘤と呼びます。この病気は足の静脈の弁の機能が低下し血液が逆流してしまうことにより起こり、足が腫れるなどの症状が現れます。




●弁の機能

血管には弁というものがあり、弁は下から上へは血液を流し、上から下へは流さないようにする働きをしますが、弁の機能が低下すると血液が逆流してしまいます。足の表面の静脈の弁が壊れると足の静脈が膨らみ様々な症状がでてきてしまいます。


●下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状としては、足が健常な足と比べて腫れてしまったり、血液が淀むことにより足が紫色になったり、むくむといった症状があります。状態が進行するとかゆみも伴い、さらに重症化すると潰瘍になる場合や静脈の中に血液の固まりができて、肺に飛んでいき呼吸困難になったり、突然死の原因になる場合、またエコノミークラス症候群状態になってしまう場合もあります。放置するのはとても危険な病気です。

とくに夕方になると症状が重くなり、足のむくみが酷くなったり、重さ、だるさを感じる患者さんが多く見受けられます。

●下肢静脈瘤になりやすいタイプについて

長時間立っている方が下肢静脈瘤になりやすい傾向にあります。職業としては理容師の方、美容師の方、調理関係の方など1日中立って仕事をされる方に非常に多い病気となっています。
また、女性の場合は妊娠してお腹の中に赤ちゃんができるとお腹の静脈が圧迫されることで足の静脈の圧力があがってしまい、弁が壊れて静脈瘤になってしまうというケースもあります。