遠藤將光先生の ウェブサイト

大動脈瘤

末梢動脈疾患

下肢静脈瘤

 

血管ドックについて

血管ドックについて

ムービー編



●血管ドックとは

血管、動脈に焦点をあてておこなう検査です。
  人間の血管は心臓から身体中につながっています。
ですからどこかの血管が悪いと他の血管も悪い事が非常に多く、1部の血管だけではなく全身の血管を診る必要があるという研究結果に基づきおこなわれている検査です。


●検査が必要な方

◆生活習慣病のある方
   ・糖尿病
   ・高血圧
   ・脂質異常症
◆喫煙の習慣のある方
◆遺伝的要素のある方

●初回検査の後の検査頻度について

・異常がなかった方 → 2〜3年に1度
・要注意と診断された方 → 1年に1度
  ※異常がなくても上記に述べた危険因子のある方は2年に1度の検査をお勧めします。

●検査項目について(金沢医療センターでの検査の場合)

◆1日(日帰り)での検査
  ・血液検査、尿検査
  ・手足の血圧検査
  ・MRI(頭部)
  ・超音波検査(首、心臓、お腹から足といった全身の血管)
◆1泊2日での検査
上記に加え
  ・CT検査
  ・1日での検査よりさらに細かい検討をおこないます。