虚血性心疾患の検査

検査について 

 虚血性心疾患が疑われた場合、一般的な検査として最初に行われるのが心電図検査です。最近では冠動脈CTが非常に進歩しており、動脈硬化の程度がわかるようになっています。
 冠動脈CTで陰性が証明できなかったときには、カテーテルによる血管造影検査が行われます。この検査では動脈の中に太さ2mm~3mmの管を入れるので、その後の経過観察として1日様子をみることになります。