虚血性心疾患の検査

検査について 

 狭心症が疑われた場合、まずは運動負荷心電図等を診ます。運動負荷心電図で検査をして、やはり狭心症が疑わしいとされた場合には画像診断を行います。画像診断には2通りあり、1つがCTもしくはMRIと呼ばれる実際の血管を見てどこが細いかという事を調べる検査法です。もう1つは負荷心筋シンチという方法です。これは血流を反映させる薬剤を投与し、それが体全体に行き渡っているかを見ます。

    

CAG(冠動脈造影)検査について

心電図検査、画像診断と検査をしてさらに進むとCAG(冠動脈造影)検査を行います。冠動脈造影は虚血性心疾患と診断されたその後、治療に進む際に必要な検査となります。CT検査でわからなかった狭窄の有無が確実に分かり、また治療が必要かどうかもわかるなど、より詳しい状況が分かる検査です。