エッセイ 映画紹介


◆映画紹介



NEW

ストレス手帳

銀幕 こころの旅

シネマシリーズ

ちょっとブレイクしませんか


ロビン・ウィリアムズの死を悼む

 二〇一四年八月十一日、パーキンソン病の初期にロビン・ウィリアムズが六十三歳で突然旅立った。僕の大好きな俳優だった。天才落語家桂枝雀を想起させる大胆でハイテンションなマシンガン・トーク。比類なき言葉の魔術師だった。見事な即興、物真似、声真似で知られ、『グッドモーニング, ベトナム』でのDJ役、『ミセス・ダウト』での女装役、ディズニー・アニメーション『アラジン』での変幻自在な魔人ジーニーの声優など、実に多芸多才だった。一方では『いまを生きる』では熱血教師を、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』では精神科医を演じ、少年の発達や自立をテーマにした作品も良かった。『ストーカー』は鬼気迫り、『ガープの世界』は、独特の母子関係だった。
医療モノでは、『パッチアダムス』、『レナードの朝』が有名だ。『パッチアダムス』は、癌の患児たちに、心理免疫療法とでも云える笑いの効果を展開して、小児癌治療に一筋の光明をもたらした。手品や音楽を患者さんに披露する医師の心とも共通する作品だった。『レナードの朝』は、不治の病と医師達が匙を投げた嗜眠性脳炎患者にL-DOPA療法で、奇跡的な目覚め(Awakenings)をもたらした奇抜な医師を演じていた。主演はレナード役のデニーロだった。


「言葉と理想で世界は変えられる」と語ったのに、自己の精神世界は変えられなかったのか。無念の自殺だ。一俳優に米国大統領オバマの追悼談話というのも異例だ。


神様がくれた娘(印度 2014年)

神様がくれた娘


 知的障がいを描いた印象に残る作品。「アイアムサム」(二〇〇一年、米国)(スタバで働く7歳の知能しか持っていない中年男性サムがホームレスの女性が出産した娘ルーシーと幸せに暮らしていた)、「ギルバート・グレイプ」(一九九三年、米国)(アイオワの田舎町でレオナルド・ディカプリオ演ずる知的障がい者が煙突に登り、街中の注目を浴びる中、母親が断固立ち上がる)などがある。そもそもIQはEQとは平行しない。ヒューマニティとは知能指数ではなく愛情溢れる感性ではないか。そんな問いかけをする本作も先行作品の剽窃とも云える。しかし偉大なピカソも剽窃名人との説もある。
 それは兎も角、物語はシンプル。チョコレート工場で働くクリシュナは、六歳程度の知能を持つ正直者で周囲の人々から愛されていた。娘をニラーと名づけたクリシュナは近隣の人々の助けを借りて、ニラーは聡明な五歳児に成長。ある日、町の有力者であるニラーの祖父がクリシュナ親子の存在を知り「子供のような親に子育ては任せられない」と訴える。親権を巡る法廷場面も、のるかそるかの緊張感を欠いているのがいかにも印度らしい。弁護士に人情の機微があるのも救いだ。果たしてクリシュナはニラーとの穏やかな毎日を取り戻すことができるのか。まったりとした時間と自然環境の中で描かれる本作は、ボリウッド映画の新装開店を示し心の琴線に触れる。



神様がくれた娘神様がくれた娘神様がくれた娘

母の身終い(2012年 仏蘭西)



 高齢社会で二人に一人が癌で死亡する時代。認知症を発症すると難しいが、「終活」に取り組むことになる。経済不況を反映して貧困化は進み、犯罪も確実に増加する。麻薬の密売で1年半服役した中年男アランは、折り合いが悪い母イヴェットの家に身を寄せる。イヴェットはそんな息子を黙って受け入れている。老婆と中年男の侘びしい食事風景に幸せ感はない。アランは、神経質で小煩い母を疎ましく思っていた。職が定まらず、恋愛も上手くいかず大げんかの末に家を飛び出すアラン。
 ある日、アランは母の薬が入った抽斗で一通の書類を発見する。それは自殺幇助協会との契約書だった。実はイヴェットは脳腫瘍で余命僅かと告知されていた。イヴェットは、“自分らしい人生の終え方”を望んでいたのだった。それを知ったアランは激しく心が揺さぶられる。残念ながら抗癌剤が効きにくいメラノーマは、薬物投与後のCTでも病巣拡大は治まっていなかった。母の主治医に会い、病状の説明を受けたアランは、尊厳死協会との話し合いにも同席し、母の決意の固さを知る。母の「終活」を息子は受容できたのか。残された時間を共にし、やっと向き合えた母と息子。そして最期の朝を迎える。
「いつまでもあると思うな親と○」。患者のみならず総ての人々共通の重い課題だ。わが国でもリビング・ウィルが浸透し始めたが、尊厳死も一様ではないのが、個と人権を尊重する仏蘭西らしい。





『母の身終い』
© TS Productions - Arte France Cinema - F comme Films - 2012

配給:ドマ/ミモザフィルムズ
監督・脚本:ステファヌ・プリゼ 
出演:ヴァンサン・ランドン、エレーヌ・ヴァンサン、エマニュエル・セニエ 他
2012年/フランス/カラー/108分/ビスタ/ドルビーデジタル
 原題: Quelques Heures De Printemps 
© TS Productions - Arte France Cinema - F comme Films - 2012

公式サイト www.hahanomijimai.com

 

恋するリベラーチェ(米国2013)


 一九七七年の夏。天賦の才を持つ名ピアニストにして、舞台では奇抜で超派手な衣装に身を包み、観衆を虜にするエンターテイナー・リベラーチェ(マイケル・ダグラス)のもとに、ハンサムな青年スコット・ソーソン(マット・デイモン)が訪れる。二人はたちまち恋に落ち、秘められた愛が始まる。リベラーチェにとってスコットは唯一の心の支えであり、一方、スコットにとってリベラーチェは夢のような贅沢三昧生活のパトロンである。実の親と幼少期に別れて以来、施設暮らしと養子先での生活経験しかないスコットは寂しさの中でリベラーチェに父性愛を抱き、養子縁組の話すら出る。リベラーチェはスコットを形成外科に通わせ美容整形までさせる。金持ちと愛人という従属関係の中で、愛人を囲いたがるパトロンと、自由に恋愛したい若者のエネルギーがぶつかる。嫉妬と独占欲の狭間で葛藤するスコットはコカイン依存になり、リベラーチェの宝石類もドラッグの代金にする始末だ。

 本作ではベガスのショーなどで活躍し、プレスリーやレディ・ガガにも影響を及ぼしたリベラーチェの生涯を描いている。一九八七年後リベラーチェは六十七歳でエイズにより死去。原題は“BEHIND THE CANDELABRA”、「枝分かれした二本の燭台の背後」だ。燭台の意味は不明である。原因が血液製剤であろうとゲイであろうとエイズ患者の苦悩は変わらないと友人の血液学者が教えてくれた。

 


『恋するリベラーチェ』
© 2013 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved
配給:東北新社
11月1日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー


「眠れる美女」(2012年伊太利亜・仏蘭西)


 「何より害をなさぬこと」(ヒポクラテス)の格言にもあるように、医療は万能ではない。手塚治虫は「ブラックジャック」でドクター・キリコ(安楽死の請負人)が登場させていたが、医療の限界を十分に認識していたからだ。安楽死は「不治かつ末期」で「耐えがたい苦痛」を伴う病を持つ人、尊厳死は「不治かつ末期」の病を持つ人の意思によるという点で識別される。緩和ケアの普及に伴い倫理委員会の議題にも上った尊厳死。
二〇〇九年、イタリア全土を揺るがす尊厳死事件が起きた。十七年前、二十一歳で交通事故に遭い、植物状態となったエルアーナの両親は延命措置の停止を求め、二〇〇八年最高裁はその訴えを認めた。しかし教会や保守派を基盤とするベルルスコーニ首相はエルアーナの延命措置法案採決を画策。
 この時代を背景にオムニバス形式で三つの事例が交錯して登場する「眠れる美女」と題する作品だ。


  1. 議員のウリアーノは「不治で末期」の妻を「安楽死」させた過去があった。
  2. 薬物依存で二十回も入院歴のあるロッサは院内でリストカットをする。昏睡状態から覚醒した彼女は、飛び降り自殺を図る。
  3. 名女優は植物状態の娘ローザの看病に専念し、エルアーナと娘を重ねて報道に涙した。

 

昏睡状態に陥るのは何も美しい女性とは限らない。映画のタイトルに騙されることも多い。それは兎も角、人々の生存基盤が根底から揺らぐ中で「尊厳死」だけを論じても虚しい。 

 


『眠れる美女』
(c) 2012 Cattleya Srl - Babe Films SAS



旅人は夢を奏でる(フィンランド 2012年)


 

 「旅人は夢を奏でる」と題する作品は、とても地味なロードムービーだ。生みの親でも育ての親でも父親は母親には叶わない。
 肥満の老人が突然旅に出る。ピアニストとして成功を収めたティモが深夜に帰宅すると、玄関前に1人の老人が大いびきで眠り込んでいた。ティモが三歳の時に家族を捨て三十五年間音信不通だった父親のレオだった。病的肥満で歩くのも大変な父親レオ。インスリンの自己注射も肌着の上から行う場面には驚かされる。養父も養子の息子も糖尿病だ。糖尿病も生活習慣で悪化する。肥満の養父の大いびきは睡眠時無呼吸症の典型的症状だ。ちなみにいびきの研究では世界の先端を行くのが芬蘭(フィンランド)だ。
 実は生きていた姉、祖母、そして生物学的母親に遭わせる旅だった。さらに別居中の妻子との再会も提案する。レオが間に入り、夫婦の絆は復活する。明け方、レオがタクシーを呼び黙って出ていこうとした行き先は、レオが度々電話をかけていた厩舎のある村だった。レオを追いかけるティモ。そこには、ティモの生物学的母が暮らしていたのだった。
 極東の島国日本から遙か遠く離れた北欧。瑞典(スウェーデン)映画はベルイマン以来馴染みがあるが、芬蘭(フィンランド)映画は珍しい。軟派も即興音楽も挿入しながら、奏でたのは果たして夢か音楽か愛か。問いかけるテーマは重い。ヒトは死期が近いことを悟ると罪滅ぼしの旅に出るのだろうか。



 

 

『旅人は夢を奏でる』
2014年1月11日(土)、シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開
(C)Road North
配給:アルシネテラン


クロワッサンで朝食を(2012 仏蘭西・エストニア・白耳義)



 老いは生物にとって必然だ。銀幕の名優も例外ではない。一九二八年生まれのジャンヌ・モローの存在感溢れる作品が「ティファニーで朝食を」をもじった作品(原題は「パリの淑女」)だ。
 エストニアで子育てと母の看病に追われ初老期に入ったアンヌは、二年間の介護で母を見送る。抜け殻のようになったアンヌであったが、ある日、パリで家政婦としての仕事のオファーがかかる。 アンヌは愛する母を失った悲しみを振り切るかのように、花の都パリへ旅立つ。アンヌを雇ったのは、老婦人の近くでカフェを経営するステファンだった。ステファンはフリーダの元愛人で、カフェ開店の援助への恩返しの気持ちも働いたのであろう。

 アンヌの介護の相手は、高級アパートに独居する辛辣で孤高の老婦人フリーダ(ジャンヌ・モロー)だった。フリーダは多量服薬による自殺企図の既往があり薬棚には鍵が掛けられていた。フリーダは美味しいクロワッサンの買い方も知らないアンヌに冷たく当たる。
 パンはパン屋さんで買うものなのだ。

 昔エストニアから出てきたフリーダはアンヌに、少しずつ心を開き始める。「古里は遠きにありて想うもの」、郷愁(ノスタルジア)は捨てがたい。「黒衣の花嫁」が印象的だったジャンヌ・モローが老ボス猿の様になっていた。人は年を重ねる度に苦労も皺も増える。美醜を超越した世界だ。独居老人大国日本、家政婦も雇えなければどうするのか。



『クロワッサンで朝食を』
全国大ヒット上映中

© TS Productions − Amrion Oϋ − La Parti Production − 2012

2012年ロカルノ国際映画祭 エキュメニカル賞受賞
セテラ・インターナショナル創立25周年記念作品
監督・脚本:イルマル・ラーグ 共同脚本:アニエス・フォーヴル、リーズ・マシュブフ
撮影:ローラン・ブリュネ 衣裳:アン・ダンスフォード 美術:パスカル・コンシニ
音楽:Dez Mona/ジョー・ダッサン「メランコリーというのなら」
出演:ジャンヌ・モロー『死刑台のエレベーター』、ライネ・マギ、パトリック・ピノー
原題:Une Estonienne à Paris /2012/フランス=エストニア=ベルギー/フランス語・エストニア語/95分/ヴィスタ/日本語字幕:古田由紀子/協力:ユニフランス・フィルムズ/配給・宣伝:セテラ・インターナショナル
www.cetera.co.jp/croissant/




『ロイヤルアフェア 愛と欲望の王宮』(丁抹 2012)



 007・カジノロワイアルの悪役をご記憶の方はおられるだろうか。そのマッツ・ミケルセン演ずる優秀な医師にして、王室に取り入り黒幕となり、国家近代化を目論むが、悲しくも潰えさる。時は米国独立宣言の頃、仏蘭西革命の十年余り前、十八世紀後半の丁抹(デンマーク)が舞台だ。
 十八世紀後半、精神病の丁抹国王クリスチャン七世の侍医となった野心家のドイツ人ストルーエンセ。王と心が通じ、プロイセン王と綽名をされながら、国家の改革に奔走する。しかし、下半身は王妃カロリーネと禁断の恋に落ちる。アフェアーとは不義密通の英語だ。
 モンテスキュー、ヴォルテールの啓蒙思想を信奉し、国王を操り摂政として改革を推進する。しかしながら、不満を募らせた枢密院の保守派貴族のクーデターで断頭の刑に処される。改革即反動は歴史の弁証法だ。
 丁抹では誰もが知る実話をもとに、王と王妃、そして侍医の運命的な三角関係を描く壮大な歴史劇で、迫真の宮廷内権力争いを描いた。 王政⇒共和制⇒民主制⇒?と、国家の統治形態は変遷しても、権力にたかる官僚や貴族の構図は二十一世紀になっても変わっていない。
 確かに小林多喜二が受けたような拷問はなくなった。農民が貴族に搾取・収奪されることもなくなった。江戸⇒明治⇒大正⇒昭和⇒平成と年号は変わっても、天皇家を担ぐ国粋主義の輩が、跳梁跋扈している。こんな国が、存続出来るのか。甚だ心許ない。そんな感慨を抱かせる名作だ。



4月27日(土)より全国順次ロードショー中

■公式サイト:http://www.royal-affair.net/main.html
■配給:アルバトロス・フィルム





『きっと、うまくいく』 (インド 2009)



  いま、ボリウッドが面白い。原題は”3 idiots”、3馬鹿トリオ。とはいえインド最高の工科大学ICE200名の中での話だ。3人の入学には、インド社会を象徴する背景があった。写真家志望なのに父親に技術者の道を強要されたフィルハーン、貧困家庭の再生を託されたラージュー、そして天才ランチョーだ。ランチョーは富豪に使える庭師の子弟だ。子供の頃から高等数学を解いてしまう神童で、学歴がない富豪の息子に学士号を取得させるため替え玉入学させられたのだ。いつも一番を目指すガリ勉で狡猾なチャトウルが、ランチョーの後塵を拝し、しかも辱めをうける。
  ICEの卒業生を一流企業に送り込むことが大学の使命と信ずる単純な学長は、3馬鹿トリオの逸脱を理由に退学させようとするのだが、その都度ランチョーの機転に阻まれる。卒業と同時にランチョーはぱたりと消息を断つ。
  卒後十年、チャトウルからフィルハーンにメールが入る。10年前に約束した9月5日の屋上対決だった。大企業の副社長に昇進したチャトウルは、ランチョーを完全に出し抜いたつもりで、十年ぶりにランチョーに遭いに行くのだ。フィルハーンを写真家に、ラージューを技術者にしたランチョーのその後を知りたくて、奥山に出かけるのだ。
  「青年は世俗的立身出世で、人生選択をしてはいけない」「なせばなる」世界一の人口を誇るインドにはまだ希望があるようだ。子供をエリートにと望む保護者だけではなく、閉塞社会日本のすべての人々必見の作品だ。



5月18日(土)より全国拡大ロードショー

■公式サイト:http://bollywood-4.com/index.html
■配給:日活 宣伝:アンプラグド





『パパの木』 (濠太剌利・仏蘭西 2010)


© photo : Baruch Rafic − Les Films du Poisson/Taylor Media − tous droits reserves − 2010


  島国の日本人には、家一軒丸ごとトレーラーに載せて大平原を爆走する光景は驚嘆だ。今回紹介する「パパの木」(原題はThe Tree)は大地の巨木の傍に居を構え「大草原の小さな家」のような牧歌的展開かと思ったら大間違い。
  父親がトラックの運転中に心臓発作で急逝。大黒柱を失った家族は喪失感に包まれ途方に暮れる。妻は絶望と抑うつで無気力に陥る。妻役は仏蘭西を代表する女優シャルロット・ゲンズブール。勘の鋭い娘は、あどけなさを持ちながらも時に大人の心理を鋭く見抜く。どこにでもいる普通の家族を襲った父の死。その悲哀を克服していく過程がリアルだ。題名がなぜ「パパの木」か。作品名に象徴される家の傍に聳えるイチジクの樹が急逝した父の生まれ変わりと娘は固く信じている。高校生の長男のバイト先の親方は、寛大な人柄で水道を直したりしているうちに、母親と恋仲になる。夫を失った女性の再生には男が必要だが、娘は継父を受容しない。家を壊しそうな勢いのイチジクを根絶するか、亡き父の生まれ変わりとして存続するか。母と娘の壮絶なバトルも展開される。父を失った妻、子供たちが葛藤しつつ生きる姿は感動的だ。

  最愛の人との死別は避けられない、しかもそれが突然訪れることもある。全編温かな空気に満ち溢れており、生きることへの喜びが込められている。

  人口減社会に突入した日本。「亭主元気で留守が良い」などという間抜けなCMはもう流行らない。




6月1日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

■レイティング:G
■公式サイト:http://papanoki.com/
■配給・宣伝:エスパース・サロウ