MENU

DR.KIYOSHI KAZEKAWA's
WEB SITE

風川 清 先生

文字サイズ

脳卒中について

脳卒中とは?

脳卒中とは脳の中の血管がつまったり破れたりすることによって起こる病気の総称です。「脳に卒然として中(あた)る」と言う名前の通り脳に突然起こります。

脳卒中は大きく分類すると脳の血管が詰まる虚血性脳卒中と脳の血管が破れる出血性脳卒中とに分けられます。虚血性脳卒中には脳梗塞があり、出血性脳卒中にはくも膜下出血と脳内出血とがあります。

現在死因の第4位となっている脳卒中ですが、かつては死因の第1位で国民病と言われた時期もありました。脳卒中の発症数自体は増えているのですが近年の脳卒中治療の急速な進歩により、死因としては第4位にまで下がってきています。

虚血性脳卒中(脳梗塞)

脳梗塞はラクナ梗塞・アテローム血栓性脳梗塞・心原性脳塞栓症・その他の脳梗塞に分かれます。ラクナ梗塞は脳の小さな血管(穿通枝)の閉塞によるもので、アテローム血栓性脳梗塞は頭蓋内外の主幹動脈のアテローム硬化によります。心原性脳塞栓症は心臓内に形成された血栓が頭蓋内外の血管に飛んで血管を閉塞することで起こります。不整脈の中の心房細動が原因になることが多いです。不整脈を感じたら、積極的に検査・治療をお勧めします。

見逃してはならないものに一過性脳虚血発作(TIA)があります。これは脳・脊髄または網膜の局所的虚血による一時的な神経学的機能障害で急性脳梗塞を伴わないものを指します。麻痺や言語障害が一時的に出現して完全に回復しますので安心してしまいますが、非常に危険な兆候です。すぐに病院を受診しましょう。

また、小児に起こる脳卒中で「モヤモヤ病」があります。走る・号泣する等過呼吸時に一過性脳虚血発作で発症します。小児にも脳卒中が起こることを気に留めましょう。

脳梗塞は超急性期の治療が大切です。発症から治療開始が早ければ早いほど救命率が上がり、後遺症を少なくすることも可能になります。発症から4.5時間以内であれば、血栓溶解療法(rt-PA静脈注射)を行います。当院では血栓溶解療法と同時に脳血管内手術(血栓回収術)を行う体制をとっています。血栓溶解療法の時期を逸しても発症から6時間以内であれば、血栓回収術を行います。この時間を脳梗塞のゴールデンタイムと言います。

また、脳・頸動脈主幹動脈狭窄に対しては血管内手術(ステント留置術)や頭蓋外・頭蓋内バイパス手術(浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術)を行います。

その後は必要に応じて、抗血小板薬や抗凝固薬の内服をしていただきます。最近話題になっていますが、抗凝固薬には従来のワルファリンに代わり直接作用型経口薬(DOAC)は脳梗塞の再発予防や副作用の出血減少に効果的です。

また、心房細動には薬物療法(抗不整脈薬・抗凝固薬)やカテーテルアブレーションがあります(不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生個所を焼き切る治療)。

(本項目の画像および文章は福岡脳神経外科病院HPより転載しています。)

出血性脳卒中(くも膜下出血・脳内出血)

くも膜下出血

くも膜下出血のほとんどは脳動脈瘤破裂によります。重症度は軽い頭痛から昏睡に至るまで様々です。初回出血で約1/3が死亡されますので、非常に死亡率が高い脳卒中です。

激しい頭痛に嘔吐を伴うことが多く、症状だけでくも膜下出血を疑うこともよくあります。人口10万人に対して15~20人発症します。働き盛りに発症することが多いのですが、最近は発症年齢が高齢化しています。

初回出血後、続発症(再出血・脳浮腫・水頭症・脳血管攣縮)を最小限にするために迅速に治療を行います。

脳動脈瘤根治術には、開頭・クリッピング術と血管内手術(コイル塞栓術)があります。どちらを選択するかは、年齢・重症度や脳動脈瘤の大きさ・形状・部位等を考慮して決定します。患者様に適した手術法を提示し、患者様本人やご家族と相談上手術を行います。

血管内手術は開頭手術と較べ手術侵襲が少なく、最近特に血管内手術を選択することが多くなってきています。

出血がくも膜下腔にとどまれば脳を破壊しませんので、続発症をクリアできれば後遺症を残しません。

未破裂脳動脈瘤は脳卒中治療ガイドライン2015に従い、多くは血管内手術(コイル塞栓術)を選択しますが、開頭・クリッピング術を行うこともあります。

(本項目の文章は福岡脳神経外科病院HPより転載しています。)

脳内出血

脳内出血の原因として最も多いのは高血圧症です。他には脳動静脈奇形破裂・静脈洞閉塞・硬膜動静脈瘻・微小脳血管にアミロイドの沈着・もやもや病等があります。

脳内出血は脳を破壊しますので、麻痺や言語障害の後遺症を残すことが多いです。

脳内出血が小さい場合は保存的治療を行いますが、大きい場合は開頭・血腫除去術あるいは穿頭・血腫ドレナージ術を行います。

脳動静脈奇形破裂による脳内出血に対しては、開頭・血腫除去術・脳動静脈奇形摘出術や血管内手術(脳動静脈奇形塞栓術)と放射線治療(ガンマナイフ治療)があります。

(本項目の文章は福岡脳神経外科病院HPより転載しています。)

Copyright © 2014-2022 Oben Inc,. All rights reserved.

このホームページの著作権は、医師本人及びオーベン株式会社にあります。

当社の承諾なく、本サービスに掲載されている画像・文章など全コンテンツの使用・転写を禁止いたします。