MENU

Dr.KOHKI NAKAMURA's
WEB SITE

中村 紘規 先生

文字サイズ

当センターについて

当センターでの治療

当センターでは以前より病診連携(=地域の医院・クリニックと連携し、専門的な治療は当センターで行い、生活・服薬指導や生活習慣病などの治療を医院・クリニックで行う)に力を入れてきました。当センターで不整脈の治療を受けられた患者さんが「よくなった」ということをご自身だけでなく、かかりつけの先生方にも実感していただくことができます。その結果、地域の医療機関から多くの患者さんを御紹介いただき、2014年以後、年間1000~1100名のカテーテルアブレーション、200~250名のデバイス治療を行っています。

最も頻度の多い不整脈は心房細動であり、カテーテルアブレーション治療数全体に占める心房細動治療の割合は全国的に高い傾向があります。一方、心房細動以外にも多くの頻脈性不整脈がカテーテルアブレーションにより治療可能です。当センターの特徴の一つは、心房細動以外の不整脈に対するカテーテルアブレーションも30%前後と少なくないことです。そのため、心房細動だけでなく、その他の不整脈に対しても幅広く対応することができます。

カテーテルアブレーションやデバイス手術はチーム医療なので、専門的な知識や経験を持つ医師だけでなく、臨床工学技師、放射線技師、看護師の協力が不可欠であり、後進やスタッフの指導も大切にしています。


▼症例実績

※一部いいお医者さんネットが修正(凡例部のみ)

※一部いいお医者さんネットが修正(凡例部のみ)