宮本明先生の ウェブサイト

末梢動脈疾患

重症虚血肢

治療

●PADの診断

  ・脈拍触知(医師による触診)
  ・ABI(足関節血圧と上腕血圧比)
  ・画像診断
        血管エコー
        MDCT
        MRA
        血管造影


ABI検査(足関節上腕血圧比)は足首と上腕の血圧を測定し、
その比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。



↑ 医療機関での検査ページの先頭へ ↑

●目安となるのはABIが0.9以下



●血管エコー検査

血管に超音波をあて、その反射(エコー)を診る検査です。頸部の動脈や、足の動脈、 静脈の観察をします。また、超音波検査は人体に悪影響を及ぼさない、非侵襲的な検査です。 苦痛を伴わず簡単に検査できるので検診や、生活習慣病に伴う血管疾患の診断、 また治療の経過観察など様々な目的で検査が行われます。


↑ 医療機関での検査ページの先頭へ ↑


*本サイト内のコンテンツは全て患者様もしくはご家族の承諾を得て掲載しています。