宮下 裕介先生の ウェブサイト

末梢動脈疾患

重症虚血肢


 


末梢動脈疾患の検査・診断

末梢動脈疾患の検査・診断

検査についてはまず、医師が「脈がふれるはずの所を触る」ということですぐにわかることが多くあります。
検査法としては足首と上腕、通常血圧を測る上腕と足首の血圧の比を計るABIという検査が普及しています。
両手両足の血圧測定をして頂くと、そこで無症状でも動脈硬化があることがわかることがあります。
また、そういったことで脳の動脈硬化が疑わしい患者さんには超音波の検査、CTの検査、MRIの検査という直接血管の画像を撮る検査をして、どこに病気があるか、どこに動脈硬化で細いところがあるかを探していきます。