野崎洋一先生の ウェブサイト



虚血性心疾患

下肢の動脈疾患

アテローム性動脈硬化症

血管の壁にコレステロールなどが溜まり血管が硬くなって弾力を失い、やがて血管の中が詰まってくる状態を動脈硬化といいます。

心臓の栄養血管である冠動脈という血管にアテローム性動脈硬化症がおきると狭心症、あるいは心筋梗塞という病気になります。
脳の血管にアテローム性動脈硬化症がおきると脳梗塞という病気になります。
また、下肢(足)の動脈にアテローム性動脈硬化症をおこすと、歩いたら足が痛くなるという間欠性跛行や足の組織が腐ってしまう状態になります。

心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患とアテローム性動脈硬化症の関係

心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患ともにアテローム性動脈硬化症を中心として起きる病気です。脳、心臓、足と場所はそれぞれ違いますが、原因はすべてアテローム性動脈硬化症を基盤として起きます。すなわち臓器は違いますが、基礎の病態は同じような病態で起きる、ということになります。

アテローム性動脈硬化症の原因

アテローム性動脈硬化症は高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、運動不足、肥満等生活習慣病の異常を中心として起きることが非常に多く、その関連性が重要だと言われています。


アテローム性動脈硬化症の予防

アテローム性動脈硬化症を予防する方法は、アテローム性血栓症を起こしやすい病態の裏返しですので血圧の治療、糖尿病の治療、脂質のコントロール、禁煙、運動を習慣化する、肥満を解消するなどがとても大切です。


症状

アテローム性動脈硬化症は、初期は症状のない無症状であることが殆どです。しかし動脈のつまりが高度に進行した状況になると、臓器の虚血症状(血液が足りない)が出てきます。脳に起きると脳梗塞ですので手足の麻痺やしびれなどが出てくる場合があります。心臓の血管に起きると典型的には胸が痛いといった症状になる場合があります。足の血管に起きると歩くと足が痛い、或いは足に潰瘍ができる、といった状態になる場合があります。


再発予防

危険因子となる血圧のコントロール、糖尿病のコントロール、脂質異常のコントロール、禁煙、生活習慣の改善、運動をする等が重要です。最近は、強力に脂質をコントロールする薬や血圧をコントロールする薬、血糖をコントロールする薬がでていますので、動脈硬化に良いとするお薬を積極的に使っていきます。そのうえで禁煙、歩行習慣を身につけることが重要です。