太田貴裕先生のウェブサイト DR.TAKAHIRO OTA'S WEB SITE

脳動脈瘤

脳動脈瘤とは

脳の動脈の分岐部にできた風船状の嚢状動脈瘤と、脳の血管自体が膨らんでできた本幹動脈瘤群があります。

前者の動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を生じますが、破裂しない限りは基本的に無症状です。

後者の動脈瘤には破裂してくも膜下出血になるものや、脳梗塞になるもの、無症状で安全なもの、進行性に大きくなり脳を圧迫するものなど病態の異なるいくつかのタイプがあります。

くも膜下出血との関係

脳動脈瘤が破裂するとくも膜下出血になります。

言い換えれば、動脈瘤を持っていない人は、くも膜下出血になる心配は殆どありません。

くも膜下出血は、人口10万人に対して年間約12人の割合で発症する重篤な病気です。

いったん、くも膜下出血になると社会復帰できるのは約1/3、後遺症を残す場合が約1/3、 死亡が約1/3の割合です。

脳動脈瘤は破裂しない限り大多数の例で症状がなく、破裂した瞬間に激烈な頭痛を生じたり急に昏睡状態になります。

破裂率

2012年に報告された日本人の調査 (UCAS Japan)では、動脈瘤の場所によって破裂率は異なり、平均 約1% /年、5mm以上では約1.7% /年という結果が出ています。

生涯破裂率は、これに余命見込み年数をかけ合わせて、さらに大きさ、場所、その他の条件を勘案して算定します。

 

(1):動脈瘤の大きさ

動脈瘤が大きいほど破裂率が高くなります。

UCAS Japanで報告された動脈瘤の部位と大きさによる破裂率の違いは以下の通りです。

 

(2):動脈瘤の形

ブレブ (bleb) という突出した部分を持つ動脈瘤は破裂率が高く、大きさの如何に関わらず危険だとされています。

 

(3):動脈瘤の部位

統計的に破裂率が高い場所があり、それは後交通動脈瘤、脳底動脈先端部瘤、前交通動脈瘤などです。

(4):その他の要因

喫煙習慣、高血圧、過度の飲酒(1週間で150g以上のアルコール摂取)、家族歴、多発性などがあげられています。

特に、喫煙習慣、高血圧、過度の飲酒のそれぞれの相対危険率は1.9 、2.8、4.7 とされています。