清水 渉
WATARU SHIMIZU
Dr. Wataru Shimizu’s Web Site 循環器内科 大学院教授 日本医科大学附属病院

不整脈とは

不整脈とは読んで字のごとく、整っていない脈のことです。正常な脈は1分間に60回位の規則正しい脈ですが、これとは異なる脈のことを指し、例えば脈が速くなるのが頻脈性不整脈、脈が遅くなるのが徐脈性不整脈、また脈が乱れて打つ、飛ぶ(結滞する)などを総称して不整脈と言います。

不整脈の種類

不整脈には大きくわけて次の3種類があります。
 ・頻脈性不整脈   脈が1分間に100回以上
 ・徐脈性不整脈   脈が1分間に50回以下
 ・期外収縮     時々脈がポンと飛ぶ(結滞する)

不整脈の症状

心臓は左右の心房と心室からなっていて、洞結節というペースメーカからの刺激(電気信号)を受けて、心房とこれに続いて心室が少し遅れて興奮して正常な血液を拍出するようになっています。

期外収縮は心房または心室から正常の脈よりも早いタイミングで刺激が出てしまい、症状としてはいわゆる脈が飛ぶ感じです。早く打つ期外収縮は十分血液を拍出しない状態でその次の脈が強く拍動するので、胸部不快感を訴える方も多いです。この症状が連発で動くと、さらに気持ちが悪くなる方がいらっしゃいます。

頻脈性不整脈の症状は、脈が1分間100回、多くの場合100数十回と早くなり、動悸や胸部不快感を自覚します。 最も頻度の多い不整脈の一つである心房細動という不整脈も、脈が一般的に早くなります。しかも心房細動の場合、脈の乱れが続くので、動悸や胸部不快感、中には胸が痛くなる場合もあります。この症状がさらに長時間続くと、中には心不全症状を起こし息苦しさを訴える方もいらっしゃいます。

徐脈性不整脈の方は脈が遅くなるので、極端に1分間に30〜40回位になると、歩くとちょっとフラフラする、1分間の脈拍数はそれほど少なくなくても一過性に3秒間以上心臓が止まってしまう徐脈性不整脈の場合には、一過性に脳へ行く血流が低下し、中には意識消失発作を起こすこともあります。 あるいは動いた時に脈が増えないためにすぐに疲れてしまうとか、全身倦怠感のような形で訴えられる方もいらっしゃいます。


不整脈の原因

不整脈の発生には、基質と誘因と引き金の3つが関連します。心臓に弁膜症がある、心筋梗塞の既往があるなど基礎心疾患がある場合は、それが不整脈の基質すなわち素地になると言われています。ただしそれだけで不整脈が起こることはなく、運動や緊張などの自律神経の乱れや電解質異常などの誘因が重なり、さらに最後に期外収縮などが引き金(トリガー)となって頻脈性不整脈が起こるとされています。

心房細動や、房室ブロックや洞機能不全症候群などの徐脈性不整脈は、一般的には年齢が高くなるほど増えます。一方で、遺伝性不整脈の場合は、遺伝子変異により起こるため、先天性QT延長症候群のように生まれてすぐ発作を起こす方もいます。

 

不整脈を上室性(心房性)不整脈と心室性不整脈に分けると、上室性不整脈の多くは、動悸などの症状があっても、命にかかわることはないのですが、心室から出る持続性心室頻拍や心室細動のように、命にかかわる危険な不整脈もあり、致死性不整脈と呼ばれています。心筋梗塞や心筋症などの基礎心疾患がある人に起こることが多いですが、また、ブルガダ症候群(働き盛りの男性が夜間に突然なくなる病気)や先天性QT延長症候群などの基礎心疾患がない遺伝性不整脈でも起こることがあり、専門医による診断と治療を即座に行う必要があります。 一般的には不整脈は、緊張や運動などの誘因を自分で避けることにより、ある程度制御することができます。ストレスを避けたり、生活習慣に気をつけて規則正しい生活をしていくということが不整脈を抑えることになります。


不整脈の診断

不整脈を想定して行う検査としては、まず12誘導心電図をとります。12誘導心電図で不整脈が記録されない場合には、24時間のホルター心電図を行います。これは、通常2誘導の心電図を24時間連続して記録し、不整脈を捉えようとするものです。 また不整脈発作の頻度が少ない患者さんには、イベントレコーダーといって、発作が起きた時にボタンを押して不整脈を記録するものもあります。 運動中や運動後に症状が出る患者さんには、運動をしながら心電図を記録するトレッドミル運動負荷試験を行います。 不整脈の治療においては、基礎心疾患(心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症など)の有無で治療内容が大きく異なるので、心臓エコー検査(心臓超音波検査)で心臓の動いている様子を画像に映し出して基礎心疾患の有無を調べます。


不整脈の治療に続く