清水 渉
WATARU SHIMIZU
Dr. Wataru Shimizu’s Web Site 循環器内科 大学院教授 日本医科大学附属病院

心房細動とは

心房細動とは

正常な心臓は、洞結節というペースメーカからの正常な刺激により、安静時は1分間に規則的に60回前後で拍動します。心房細動は、心房が電気的には500回/分くらいの頻度で痙攣した状態で、この電気信号が房室結節という心房と心室の間にある組織を通って、不規則に心室に伝わるため、心臓が不規則にそして通常速く拍動します。心房細動という不整脈自体は生命に関わるような危険な不整脈ではありませんが、動悸、胸部不快感、息切れ、疲れやすいなどの症状をきたすことがあります。また、心房が収縮しないため、左心房の主に左心耳というところに血栓という血の塊ができやすくなり、これがはがれて血流にのって脳の血管に詰まると脳梗塞の原因となります。脳梗塞の発生率は、心房細動がある患者さんは心房細動のない方と比べて5倍前後高くなるといわれています。

心房細動の治療

心房細動は一般的には致死性不整脈ではないので発作時に動悸などの症状が強い患者さんでは、発作を起こりにくくする薬を飲む薬物治療をまず行います。しかし、薬が十分効かない患者さんでは、カテーテルアブレーションで根治を目指す方法があります。

心房細動に対する直接の薬物治療としては洞調律維持療法(リズムコントロール)と心拍数調節療法(レートコントロール)の2つがあります。

 

洞調律維持療法は、普段は正常な脈(洞調律)で、時々心房細動を起こす発作性心房細動の患者さんに主に行う薬物治療です。 心拍数調節療法は、主に心房細動が自然停止しない持続性心房細動患者さんに行う薬物治療です。β遮断薬、ジギタリス、Ca拮抗薬を用いて、房室結節の電気の通りを遅くし、心拍数を低下させて動悸などの自覚症状を軽減するものです。


心房細動に対する薬物治療として忘れてならないのは、心房細動が原因で心房の中にできた血栓が全身の動脈の血流にのって脳や色々な臓器の血管で詰まって発症する心原性塞栓症を予防する抗凝固療法です。 心原性脳梗塞は、比較的太い脳の動脈が突然血栓によって閉塞して大きな脳梗塞を発症し、時には生命にかかわる重篤な症状を呈しますので、血栓を出来にくくする抗凝固薬による脳梗塞予防がとても大事です。従来の抗凝固薬であるワルファリンは、納豆や青汁といったビタミンKを大量に含む食物を一緒に食べれないことや定期的に血液検査が必要などいくつからの問題点がありましたが、新しい抗凝固薬(DOAC(direct oral anticoagulant))はこういった問題点などがかなり解消されており、また、ワルファリンに比べて頭蓋内出血が少ないことが報告されており、現在ではDOACが主流になりつつあります。