清水 渉
WATARU SHIMIZU
Dr. Wataru Shimizu’s Web Site 循環器内科 大学院教授 日本医科大学附属病院

書籍・メディア出演のご案内

書籍のご案内(編集・共著含む)

【主な著書】

『 循環器診療の最新エビデンスを使いこなす 』  単行本 – 2015/9/17

清水渉 (監修)

『 不整脈症候群―遺伝子変異から不整脈治療を捉える 』  [単行本]

池田 隆徳 (編集), 高橋 尚彦 (編集), 清水 渉 (編集)



 メディア出演のご案内

2017年9月11日:テレビ出演のご報告


「きょうの健康」『Q&A特集 ① 心臓突然死』 清水 渉 NHK Eテレ出演 

<番組概要>
心臓突然死に関して、たくさんの質問をいただいた中から、下記の質問にお答えします。
・姉が心電図異常 私も失神
・父親が突然死 子どもも?
・心電図の判定が変わった?
・肥大型心筋症 注意点は?


2017年4月3日〜6日:テレビ出演のご報告


「きょうの健康」『忍び寄る!心臓突然死を防ぐ』 清水 渉 NHK Eテレ出演 
2017年 4/3(月)~4/6(木) PM 8:30~8:45 4夜連続放送
1日目 4/3(月)  突然死はなぜ起こる? (心室細動/心室頻拍 虚血性心疾患)
2日目 4/4(火) 若年・中年を襲う突然死 (先天性QT延長症候群、ブルガダ症候群、カテコラミン誘発多形性心室頻拍)
3日目 4/5(水) 心筋症による突然死 (肥大型心筋症、拡張型心筋症、催不整脈性右室心筋症)
4日目 4/6(木) 突然死を防げ =AEDなどの実演あり=

<番組概要>
突然死とは、急に起った症状によって突然意識を失い死亡することを言います。原因の病気は様々ですが、最終的には心臓に起こる異変が命を奪います。いつどのように起こるのか、予測は難しく運動中でも、安静時や睡眠中でも、突然死が起こります。日本では年間およそ7万5千人と推定されています。この突然死と、それを食い止める対策についてお伝えします。あまり知られていない病気も出てきます。


2015年12月27日:テレビ出演のご報告


BS-TBS「ゼロからわかる脳梗塞~脳梗塞にならないために・もしも脳梗塞になったら~」の番組に出演いたしました。

【放送日】 2015年12月27日(日) AM11:00~12:00
【番 組】 BS-TBS「ゼロからわかる脳梗塞~脳梗塞にならないために・もしも脳梗塞になったら~」

<番組概要>
長寿大国・日本。自分らしく、元気に、長生きしたい。そんな思いを抱く人の増加とともに、脳卒中や認知症など、脳の病気への関心がますます高まっている。脳梗塞を含む脳血管疾患による死亡者数は、平成25年人口動態統計によると、12万人弱。日本人の死亡原因としては第4位だが、寝たきりになる原因としては、1位。この番組は脳梗塞を知って、予防して、身を守る術を紹介する。