脳出血と脳梗塞

脳梗塞の分類

脳梗塞は一般的に3つに分類されます。
1つめは脳の塞栓症。心臓で発生した血の固まり(血栓)が脳まで流され、その血栓によって脳の血管が塞がれてしまう疾患です。2つめはアテローム血栓症。アテロームとは脳の比較的太い血管にコレステロールなどの脂肪やカルシウム、線維性成分などがが蓄積したものを指します。アテロームが破裂することで血栓が発生し血液の流れる場所が塞がれてしまう疾患です。3つめはラクナ型の脳梗塞。脳の血管は太い血管から細い血管へと枝分かれしていますが、細い血管が動脈硬化することにより詰まってしまう疾患です。

 脳塞栓症は心房細動と呼ばれる不整脈が起こることによって心臓に血栓ができ、その血栓がある日突然脳へ移動して脳の血管を塞いでしまうというケースが大部分を占めます。一方でラクナ型の脳梗塞とアテローム血栓症は脳の血管に動脈硬化が起こることで血管が塞がれてしまうことにより発症します。

脳梗塞の3分類

脳塞栓症 アテローム血栓症 ラクナ型脳梗塞

脳梗塞の特徴

 脳梗塞になる人の約2/3の患者さんには前駆症状がないままに突然血管が詰まり発症してしまうと言われています。前駆症状がある残りの1/3の方はそのシグナルを見逃さないようにしましょう。シグナルとして特徴的な症状はいくつかありますが一番有名なものが半身麻痺です。体の片方、右側なら右側だけ、左側なら左側だけが痺れる、あるいは力が入らなくなる等の状態が続きます。もう1つ特徴的な症状として失語症が知られています。言葉を話そうとしても上手く話せない、反対に相手の話している事を理解できなくなったら失語症の可能性があるので要注意です。また失語症と似た症状のものとして構音障害があります。これは手足が動かなくなるのと同じように、口の動きが悪くなり話すことが困難になるものです。失語症と構音障害のどちらも脳梗塞の前駆症状となります。また脳梗塞の前触れとして目に症状が出る場合もあります。片方の目が一時的に真っ暗になって見えなくなる、あるいは軽症だとカーテンかかったような見え方をします。以上のような症状は脳梗塞の前触れとして非常に重要です。