鳥正幸先生の ウェブサイト

病気

治療

手術実績および成績

甲状癌

当科で扱う甲状腺癌の95%以上が乳頭癌、濾胞癌であり、一部髄様癌、悪性リンパ腫、未分化癌があります。良性疾患(バセドウ病等)は当院内分泌内科と連携して万全の術前コントロールのもと、手術適応と手術時期を決定しております。人体の癌の中で最も予後不良とされる未分化癌に対しては、独自の放射線化学療法を施行して良好な成績を残しております。また、内照射抵抗性広範囲甲状腺癌に対しては大阪大学とも連携して癌ワクチン療法を施行し好成績をあげています。甲状腺疾患のみならず、副甲状腺、その他内分泌疾患(副腎、膵臓等)にも積極的に取り組んでいます。


当科における甲状腺外科の特徴

・症例数は近畿地方最多(DPC採用病院)。重症例、高難度手術例が多い。
・気管・血管・食道・反回神経浸潤などハイリスク例が多い。気道閉塞などによる
 突然死に瀕して当科に紹介される患者も多い。
・全国的センター施設として甲状腺専門病院、大学病院等から多数の患者紹介を受ける。
・通常甲状腺癌では、殆ど創痕の残らないMHM小切開手術(創は2−3cm)を標準とし、ご要望に応じて内視鏡手術を実施(Tori’s method)(相談要)。
・反回神経浸潤例ではマイクロサージェリーによる神経再建、副甲状腺自家移植を実施

 

(甲状腺専門病院か当科か?迷う方へ)

 甲状腺癌通常難度手術術前の患者さんから「甲状腺専門病院か大阪警察病院外科のどちらで手術を受けるべきでしょうか?」という問い合わせがございます。国内には大規模甲状腺専門病院が数施設あり、多数の外来&入院患者数を誇り、素晴らしい診療実績を挙げておられます。また、研究や学会活動においても、大学病院と共に牽引者の役割を果たされています。私どもも学術活動を通じて、そういった甲状腺専門病院の優秀な先生方と懇意にさせていただいており、連携して患者さんの治療にあたることもあります。当院内分泌内科とも連携しておりますが、内科系も含めた甲状腺専門医師数、専門スタッフ(看護師他)、甲状腺疾患に特化した病院機能等は素晴らしいものがあるかと思います。一方、総合病院である当甲状腺外科の特徴として、以下の点を列挙しておきたいと思いますのでご参考にしてください。

 

他科との連携:
・甲状腺全摘以上の難度の症例は全例本格的な集中治療室(ICU)に入室する。
・ICUでは専属Dr(麻酔科)、外科系当直等も含めた常駐スタッフが24時間体制で管理。
・甲状腺癌手術では呼吸器、循環器管理を有する場合も多く、麻酔科医と共にバック アップ体制が充実。
・緊急手術にも常時対応可能である。
・成人病を含め、術前から並存症を有していても周術期&術後とも全疾患にわたり対応。
・形成外科スタッフと連携して創部ケア。

当甲状腺外科の特殊性:
*甲状腺癌は創痕の殆ど残らないMHM小切開手術(創は2−3cm)を標準としている。ご要望に応じて内視鏡手術(Tori’s method)を実施。手術根治性は従来手術(創8−10cm)と同様であり、かつ術後QOLには圧倒的に優れている。
*気管、食道、血管、等の切除再建が可能である。これが技術的に可能である施設は  希少である。術中に気管血管浸潤等が偶然に判明する場合も稀ではなく、適切な対応がその場で可能である。
上記内容は当科が自信を持つ点ではありますが、他院との詳細な比較はわかりません。
大切なことは患者さんそれぞれが、ご自身のニードや医師との相性を考慮して、後悔のな い病院(というより医師)選びをすることではないかと思います。

手術成績

疾患担当責任者となってから現在までの10年間で手術関連&在院死亡率0を達成しております。カルテ記録に基づく最近の合併症率は0.45%(甲状腺・内分泌疾患全体)となっています。

内分泌・甲状腺疾患手術実績(更新)−術後合併症≒0と内視鏡下甲状腺癌手術(Tori法)
http://www.oph.gr.jp/blog/topics/post-183.html

(参考HP:大阪警察病院より)
甲状腺癌について
http://www.oph.gr.jp/medical/treatment/geka/houshin/thyroid.html
機能温存を追求した甲状腺標準手術 〜マイクロサージェリーと自家移植の活用〜
http://www.oph.gr.jp/medical/treatment/geka/geka-id1187748279.html