山下武廣先生の ウェブサイト

虚血性心疾患

虚血性心疾患の検査

虚血性心疾患の治療

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査というのは、カテーテルを使って心臓の血管に造影剤を流し込み、レントゲンを使って映像にとる検査になります。それにより、冠動脈の狭窄の有無、狭い度合い、狭い箇所、3本あるうちの何本に狭窄があるのか、などを確定するための検査になります。 その方の病状を把握し、確定診断するための非常に重要な検査です。


 

画像をクリックすると造影剤の流れる様子をご覧になれます。



確定診断で狭心症あるいは心筋梗塞と診断された方は、薬物治療、外科的な治療、カテーテル治療のなかから最も適した治療を選択していただくことになります。


*本サイト内のコンテンツは全て患者様もしくはご家族の承諾を得て掲載しています。