渡辺 大介
DAISUKE WATANABE
Dr. Daisuke Watanabe’s Web Site 脳血管内治療センター長 / 医長 厚生中央病院

コイル塞栓術について

脳血管内治療(コイル塞栓術)とは

脳血管撮影室と言うX線を発生させる装置が設備されている部屋で行います。 カテーテルと呼ばれる細い管を太腿の付け根の動脈から挿入し、脳動脈瘤まで到達させます。その際はX線装置を使用し治療に用いる機器の位置や状態を確認しながら行います。脳動脈瘤に到達したカテーテルの中を通して、非常に柔軟なプラチナ製のコイルと呼ばれる器具を動脈瘤内に送り込み動脈瘤に血液が入らないようにする治療方法です。

脳血管内治療のメリットとデメリット

最大のメリットは頭蓋骨や皮膚を切らずに済むことです。他には、全身麻酔を使用しないでも治療が出来る場合があるので、全身麻酔のリスクを抱えて手術不能という方でも治療できる可能性があります。また、高齢の方で手術が厳しいような場合も同様に治療可能になる場合はあります。体にやさしい低侵襲という事により、治療の幅が広がる事が一つの大きなメリットです。
デメリットとしては、直接目視して行う開頭術とは異なり、動脈瘤からある程度距離を置いたところからカテーテルを操作するため、トラブルが起きた時の対応方法が開頭術に比べ限定され、重篤な結果になる可能性がゼロではない事です。