横井 良明先生の ウェブサイト

血管の病気

血管の病気の治療・検査

 

虚血性疾患とは

動脈硬化とは、血管にコレステロールなどがたまり、血管が狭くなったり(狭窄)、血管が詰まったり(閉塞)する状態をいいます。動脈硬化は糖尿病、高血圧、高脂血症などのいわゆる生活習慣病があると、さらに起こりやすくなります。


心筋梗塞 / 狭心症心筋に酸素と栄養素を運ぶ冠動脈の内側が部分的に細くなり、心筋への血流が悪くなるために、一時的な胸の痛みを感じるのが狭心症。
そこで血液が固まって血栓ができ、血流が止まり、酸素欠乏や栄養不足になった心筋細胞が次々と壊死してしまうのが心筋梗塞です。
脳梗塞脳に酸素と栄養を与えている血管が詰まることによって起きる病気です。
血流が途絶えると、詰まった部分から先の脳細胞が壊死し、運動、言語、感覚などに様々な障害が現れます。
腎動脈狭窄症腎臓の動脈が狭くなる病気です。
腎臓への血流が低下すると、これらの重要な働きに障害が出てしまいます。
頸動脈狭窄症首の部分で大動脈からの血液を脳に流す太い頸動脈に、動脈硬化が発生し、頸動脈が細くなる病気です。
また狭くなった部分から血の塊が脳の血管に飛んで脳梗塞を引き起こしたりします。
下肢閉塞性
動脈硬化症
閉塞性動脈硬化症は、手や足の血管の動脈硬化により、狭窄や閉塞を引き起こして、血液の流れが悪くなり、手先や足先へ栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなる病気で、手足にさまざまな障害が現れます。


動脈硬化の危険因子

65歳以上 / 高血圧 / 高脂血症 / 糖尿病 / 喫煙 / 家系