HOME
脳血管の病気
脳血管の治療
最新の治療
診療のご案内
プロフィール
吉村 紳一先生
兵庫医科大学脳神経外科 主任教授
脳卒中センター長(兼任)
脳卒中全般 脳血管外的手術 脳血管内手術

「大型・巨大脳動脈瘤の
新しい治療法を
ご存知ですか?」

大型・巨大脳動脈瘤は破裂しやすく、くも膜下出血をきたす可能性が高いことが知られています。
ひとたび破裂すると社会復帰率は20—30%しかないとされており、予防の必要性が高い動脈瘤です。
しかし、開頭手術はリスクが高く、血管内治療(コイル塞栓術)でも再発率が高いため、治療困難とされることが多いのです。

このような背景から、新しい治療器具である「フローダイバーター」が開発されました。
この器具を動脈瘤のある根元の血管に留置するだけで、徐々に動脈瘤が縮小し、治ってしまうという画期的な治療法です。
ただし、この器具は脳血管内治療の経験が豊富な限定された医師しか使用することができません。
兵庫医科大学の吉村紳一教授は日本でも有数の治療医です。
先生のこれまでの脳神経外科手術は4,000件以上、同院の年間脳動脈瘤治療数は約200件と全国トップレベルで、
日本全国から多くの患者さんが治療を求めて来院されています。

メールによるお問い合わせ

ご相談・診療ご希望の方、
ご気軽にお問い合わせください。