HOME
脳血管の病気
脳血管の治療
最新の治療
診療のご案内
プロフィール
フローダイバーター

フローダイバーターとは?

大型・巨大脳動脈瘤は従来の血管内治療では根治できないとされていました。これはコイル塞栓術を行っても、治療後の再発が多く、しかも脳神経の圧迫症状が悪化することが多かったためです。このため、大掛かりな開頭手術が行われていましたが、体への負担が大きいという問題点がありました。このような状況の中、フローダイバーターが新しい治療器具として開発されました。この器具を脳動脈瘤をまたぐように血管に留置すると、脳動脈瘤への血流がゆるやかになり、徐々に血栓化します。その後、血栓の吸収とともに徐々に脳動脈瘤も小さくなっていくため、神経の圧迫症状も減り、再発も極めて稀とされています。

このようにフローダイバーター留置術は、大きな脳動脈瘤に対する画期的な治療法とされています。 日本では2015年10月から使われ始めましたが、留置に技術を要するため、治療する医師は限定されています。

手術方法

足の付け根の動脈から管を入れ、首のあたりまで誘導し、その中にマイクロカテーテル(細い管)を入れて、脳動脈瘤を超えた位置まで誘導します。そのカテーテルからフローダイバーターを動脈瘤をまたぐようにゆっくりと展開します。血管への密着が悪い場合には風船で押し広げることがありますが、治療はこれだけで終了です。コイルも使用しないため、治療は通常1時間程度で終了します。当施設では難しいケース以外は局所麻酔で治療を行なっています。

※画像はイメージです。

治療の適応

フローダイバーターの保険適応は、現在のところ、内頚動脈(後交通動脈より近位)の大きな脳動脈瘤(最大径10ミリ以上)に限られますが、徐々に拡大されることが期待されています。

外科手術のリスクが高い大きな脳動脈瘤が体にやさしい血管内治療で直せることから、大きな注目を浴びています。

兵庫医科大学ではこれまでに多くの患者さんに治療を行い、治療成績も良好です。大型・巨大脳動脈瘤と診断された場合には是非お問い合わせください。